債務整理中のNHKの受信料

債務整理中のNHKの受信料の支払いについて

債務整理にはいろいろな要因がありますが、結局のところはいくつもの支出に収入が追いついていない、というのが最大の原因です。

 

家賃や食費、電気料金や水道料金といった生活には欠かせないものはまず優先して支払うことでしょう。
それに加えて保険料や車の維持費、服を買ったり本を買ったり毎月の支出には気をつけていることでしょう。

 

そうして細かくやりくりしているものの、思いもよらぬところから支出というものは発生します。

 

突然ですが、あなたはテレビを観ていますか?
大抵の人は「観ている」と言うでしょう。

 

そうなると忘れてはならないのがNHKの受信料の支払いです。

 

わざわざ契約しなくてもどこで知ったかやってくるあの人達です。

 

NHK受信料は義務だ、いや支払う必要はない、などいろいろと議論はありますが、債務整理をしなければならない人にとっては受信料の支払いもかなり厳しいものになります。

 

債務整理をしようとした場合、受信料を払っていない(NHKからすると滞納)しているとどのような問題があるのか知っている人はそれほど多くはありません。

 

ちなみに税金や公共料金はたとえ自己破産したとしても支払い義務は消滅しません。
電気代を支払わないのは自由ですが、その場合はインフラがストップしてしまうのでそれを選択する人は居ないとは思いますが……

 

NHKの受信料を税金だと思って支払っている人が結構居たりするのですが、これは大きな誤解です。

 

あくまでもNHKとの契約を同意した上で支払うものなので、契約していなければ払う必要はありませんし、契約を破棄することも可能です。

 

結論としてはNHKの受信料は税金でも公共料金でもありません。

 

電気や水のようにライフラインでもありませんので、債務整理を行っている間は受信料の支払いを拒否したとしてもなんの問題もないということを覚えておいてください。

債務整理をご検討の方はまずあなたにあった債務整理の方法ページをご覧ください

 

債務整理中ですがNHKの受信料は支払わないといけませんか?と一緒に読みたい記事

債務整理で繰り上げ返済もできますか?
債務整理で繰り上げ返済もできますか?ボーナスが多かったので繰り上げ返済したいです。

トップページ あなたに合った債務整理の方法 管理人情報 すでに債務整理を経験した方へお願い