債務整理の銀行のカードローン

銀行カードローンをしっかり返済できなくて債務整理する場合

銀行カードローンは金融業者と比べると比較的金利が低いですが、それでも返済に困ってしまう場合もあるでしょう。

 

どうしても返済に困った場合は債務整理をすると計画的な返済が可能になります。

 

しかし銀行カードローンの場合は通常の金融業者と較べて注意する点がいくつかあるので覚えておいてください。

 

まず、前述の通り金融業者と比べると元々の金利が低いため、利息制限法の改正に伴う金利の引き直しがそれほど効果的ではないのが銀行カードローンの特徴です。

 

それでは債務整理をするメリットが無いと思うかもしれませんが、しっかり調停をすることで3年から5年程度の分割返済が可能になります。

 

もちろんその間の債権の取り立ては中断しますので、気持ちにも余裕が出来て生活にも余裕が出てくることでしょう。

 

また債務整理を行った後に発生するはずだった金利については基本的にカットしてもらえるため、金利の引き直し以外でも支払う金利を減らすことが可能なのです。

 

さらに気をつけなければならないのが、銀行カードローンとメインバンクが同じ場合です。

 

メインバンクは給料の振込先であったり、家賃や公共料金の引き落とし先であったりするでしょう。

 

その状態で銀行カードローンの債務整理をしてしまうと、その口座は即座に凍結されてしまい現金の引き落としができなくなってしまうのです。

 

そうなってしまうと生活に必要な現金すら手に入れられないため、債務整理を行う前に給料の振込先や引き落とし口座を変更しておくことを忘れないでやっておいてください。

債務整理をご検討の方はまずあなたにあった債務整理の方法ページをご覧ください

 

銀行のカードローンを返せなくなってしまった場合と一緒に読みたい記事

アコムからの借金を返せなくなって債務整理をしたケース
アコムからの借金が原因の債務整理について
うつ病を患っている人の債務整理
債務整理をしなくてはならなくなった原因をケース別に解説しています。ここではうつ病のケースを紹介します。
エポスカードの借り入れ分を債務整理
エポスカードの借り入れ分を債務整理する時の注意点について書いてみました。
カードローンの返済ができなくなってしまったら債務整理を利用してみては?
カードローンの返済ができなくなってしまったら債務整理を利用してみては?どうすればいいのか説明です。
パチンコで出来た借金を債務整理するには?
パチンコで出来た借金を債務整理するには?原因別に解説しています。
闇金での借金
闇金での借金を債務整理をしなくてはならなくなった時の話
プロミスからの借金で債務整理
プロミスからの借金で債務整理をする場合のお話
モビットからの借金を債務整理
モビットからの借金を債務整理する場合の話
リボ払いで知らず知らずのうちに借金が増えすぎて債務整理
債務整理をしなくてはならなくなった原因、リボ払いについて解説
住宅ローンを返済出来なくなってしまい債務整理を検討
住宅ローンを返済出来なくなってしまい債務整理を検討しています。気を付けることは?
住宅ローンなど銀行相手に債務整理する場合口座に注意
住宅ローンなど銀行相手に債務整理する場合口座に注意しましょう。勝手に引き落とされてしまう場合も

トップページ あなたに合った債務整理の方法 管理人情報 すでに債務整理を経験した方へお願い